ダンサーSHUHOがダンスバトルの魅力と原点を語る

DANCE@LIVE 2016 JAPAN FINAL直前スペシャルインタビュー。House Danceの聖地New Yorkにて、”The House DanceProject”の中心メンバーとして、5年間活動し、他国でのワークショップやShowを含め、世界的に活躍しているダンサーSHUHO。国内外、数多くのバトルコンテストで優勝経験を持つSHUHOにダンスバトルの魅力や自身の原点について語ってもらった。

Text&Interview By Hidetaka.Kumazawa

これまでに数多くDANCE@LIVEのファイナルに出場されていますが、これまでの出場履歴を教えて下さい。

SHUHO  僕が初めて出たのが2008年だったと思います。ニョーヨークから帰ってきてすぐ出たバトルがDANCE@LIVEのCALISMAXで、そこで優勝して一発で両国国技館のファイナルに行けることになって。そこから始まって今年までファイナリストとしてずっと参加しています。

ということは通算で何回目ですか?

SHUHO  今年で7回目です。ハウスで4回、フリースタイルで2回出場しています。

これまでに思い出に残っている年や対戦などありますか?

SHUHO  始めて両国国技館で決勝まで行ったときに、相手はTATSUOさんでした。その年は負けてしまって。その翌年、また決勝の相手がTATSUOさんで、TATSUOさんを倒して優勝したので、すごく記憶に残っています。

DSC_4794

SHUHOさんといえばニューヨークのイメージが強くありますが、バトルの原点などがあれば教えて下さい。

SHUHO  クラブですね。ニューヨークのクラブは日本よりもっと開放的で、僕がよく行っていたのがShelterというクラブです。そこは毎週、ダンサーがサークルを作っていて、そこにとにかく踊りにいっていました。あとはBrian Greenというダンサーが開いているHouse Dance Conferenceというイベントがあって、ニューヨークや各地のトップダンサーたちが集まって同じサークルを作るのですが、それが本当に衝撃で。こういう中で自分も踊って競えあえるようになりたいというのが一番の大きな原動力だったかもしれません。

今でもニューヨークには行かれますか?

SHUHO  年に1回ツアーを組んでいて、今年も6月にやる予定です。今回で3回目になりますが1年に1回は行っています。

そのツアーはどういったプログラムですか?

SHUHO  自分がニューヨークで経験したことやニューヨークの良さを日本人の子達に伝えたいなと思っています。ニューヨークにいくのも勇気がいると思いますし、なにもわからないと時間がかかってしまうので。自分がみんなに紹介したいところに連れていってあげたり、現地のダンサーのワークショップを組んだりなどそういった内容です。

Shelterは今でもオープンしているのでしょうか?

SHUHO  場所を変えながら続けているみたいです。

クラブがバトルの原点ということですが、最初に優勝したコンテストは何ですか?そのとき、印象に残っていることはありますか?

SHUHO  僕が最初にバトルで優勝したのはBrian Greenが主催しているHouse Dance Conferenceというイベントです。パーティーでもありますが、ジャンルを変えてバトルもやっていて。現地の有名なダンサーたちも出るし、なかなかありえないようなメンバーが出るバトルで、そこで2007年に優勝したのがすごい印象に残っています。

有名なダンサーでもショーケースにしか出ないダンサーもいます。SHUHOさんは常に色々なバトルに出続けていますが、バトルに出る理由や、バトルで出るのをやめようと思ったり、逆に出てよかったと思うことはありますか?

SHUHO  バトルに出て良かったのは、まずモチベーションがすごく上がります。みんなすごく真剣で、楽しんでいるし、DANCE@LIVEの場合は横のつながりというか、ジャンルだけのつながりではなく色々なジャンルの人とも知り合いになれて、自分のダンサーの輪が広がったのが一番DANCE@LIVEが大きいです。バトルに出たことによってみんなに自分を知ってもらってみんなと仲良くなったりとかダンス感を話し合ったりとかそういうのが一番大きくて、成長できる場だったと思います。真剣勝負なので、何もしないよりもそういう場に身を置いた方が成長できるというのを自分の中で手ごたえを感じていたので、だから今でも出続けています。真剣勝負なので、すごくエネルギーを使うし、たまに休みたいなと思うこともありますけど、そう思いながらも出たら出たで楽しいので。まずはチャンレジしてみると、やっぱり出て良かったなといつも思います。

バトルを行うので大事にしていることはありますか?

SHUHO  相手をまずリスペクトするということ、そして、その場の音楽を自分のフィルターを通して表現すること。常に音楽が先行でインスピレーションをもらっています。自分のダンスをしようという考えではなく自分のダンスにならなくてもいいので、その場でかかった音楽を表現したいと思っています。

DSC_4812

SHUHOさんは海外とのダンサーとも何度もバトルをしていますが日本人とはここが違うなと感じるところはありますか?

SHUHO  やっぱり一番大きく違うところはフィジカルです。肉体的な部分でいうと海外の人は強いです。もともと強いのもあるし、日本人よりストイックに鍛えている人が多いという印象はあります。体格も大きいです。ただ日本人は真面目なので感覚だけではなく、日本人特有の反復して身につけるようなことを結構やるのでベーシックやバトルのメソッドはあると思います。そういう部分で勝負できれば勝てるのではないでしょうか。

過去にDANCE@LIVEのファイナルではハウスで4回、フリースタイルで2回、去年はフリースタイルで出場しています。ハウスダンサーでありながらもフリースタイルで何度か出場していますが、何か真意や背景みたいなものはありますか?

SHUHO  DANCE@LIVEの歴史の中でハウスダンサーがフリースタイルのファイナルに残ったことはなくて、それもちょっと変だなと思っていました。今までロックもポップもブレイクもすべてのジャンルが残っているのに。確かにハウスは音楽がすごく早く、ハウスダンスだけでは遅い音楽を表現できないのもあるので正直、不利ではあります。ただそこにハウスの名前が入っていなのは自分的に寂しいなあと。あとはニューヨークのクラブでは色々なジャンルのダンサーが同じサークルで踊ります。ハウスで他のジャンルのダンサーよりかっこよく踊るにはどうすればいいのかというのが今の自分のハウスダンスのスタイルになった根本にもあるので。他の人がみてもかっこいいと思ってもらえるようなダンスを研究していたのでオールスタイルはいい意味でも試す場でした。自分の中では勝ちにいくよりも実験する場というか、どういう反応をもらえるのか。あとはハウス以外の音楽も好きなので、それがチャレンジしている要因です。

DSC_4816

音楽の話がでましたが、普段はどんな音楽を聴いたりしますか?

SHUHO  僕はハウスも大好きですがハウスは基本クラブで聴くのが好きです。普段聞く音楽はヒップホップやR&Bとかスローな音楽もかなり好きです。あとはiTunes等で売っていないようなマニアックな音楽をサウンドクラウドとかで探したりしています。

最後にファイナルを見に来る方にメッセージとかあればお願いします。

SHUHO  DANCE@LIVEはバトルがメインですけどいろんな専門学校や大学生の子たちもショーをしたり、出る側も見る側もみんなで楽しむお祭りのような全員参加型のイベントなので、色々な楽しみ方を見つけてくれたらいいなと思います。すべての人がハッピーになれるイベントだと思うので是非遊びに来てください。

SHUHO プロフィール

House Danceの聖地New Yorkにて、”The House DanceProject”の中心メンバーとして、5年間活動し、”The Carnival”や”SF Hiphop Dance Fest”など数々のShowに招待されるなど、他国でのワークショップやShowを含め、世界的に活動しているダンサーである。彼は、House Music界において、もっとも勢いのあるアーティスト&プロデューサーである”Mr.V”のステージダンサー、コレオグラファーとして「Da Bump」のP.Vや各地でのライブステージに出演する等の活動の一方で、ブライアングリーン主催の「House Dance Conference 2007」優勝や、1on1のハウスダンスバトル世界一を決める大会、「House Dance International」においても、2007、2008年と連覇し世界チャンピオンになる等、バトラーとしての顔を持つ。現在は、VOGUEの神である”Willie Ninja”の作った伝説のチーム”House of Ninja”の新メンバーとして、VOGUEの普及にも努めている。日本に帰国後、日本最大のソロバトルイベント「DANCE@LIVE FINAL 2010」のハウスサイドのグランドチャンピオンに輝く。

  • #ff1818
  • #00b13d
  • #2b0988
  • #00a1a1
  • #ee3500
  • #de14d5
  • #000000
  • #6e6f70
  • #ffffff
  • #1822d7
  • #2b0988
  • #c71a1a

TRACKS HD

深みのある低音、クリアでナチュナルな高域を再現

  • #0058ff
  • #989898
  • #000000

AMPS HD

深みのある低音と明瞭なヴォーカルを追求した上位モデル

  • #dc362d

AMPS

パワフルな低音が魅力的なシリーズ

  • #4d2f41
  • #e2427a
  • #00b2b2
  • #f2f2ed
  • #196db6

JAX

リッチな低音とクリアな高域を再生

  • #191919
  • #c71a1a
  • #5011c4
  • #9b8375

TRACKS HD2

新たに生まれ変わったTRACKS HD2

  • #eaf432
  • #1f254c
  • #6b634f
  • #20d368
  • #00b7dd
  • #ff0000
  • #000000

PUNK

手のひらサイズのワイヤレススピーカー

  • #00c6ff
  • #101010

DECK ULTRA

ワイヤレス・ポータブルスピーカー

  • #574246
  • #405b6b

TRACKS ULTRA

ディープな低音からクリアな高域までワイドなレンジを再現