情熱のバンコク 『サヨナライツカ』 

Life is a Journey. Vol.2 バンコク

サヨナライツカ (幻冬舎文庫)

スワンナプーム国際空港を降りた瞬間、タイ特有の湿った空気が私たちを包み込む。深夜着の便でなければALR(エアポートレールリンク)でパヤタイ駅まで出て、BTSに乗り換え各々の目的地に向かうのがいいだろう。夕方の渋滞に巻き込まれるととんでもない時間を要する。

バンコクを舞台にした小説に辻仁成の『サヨナライツカ』という作品がある。「好青年」と呼ばれ婚約者もいる主人公が、謎の美女沓子と出会い、互いに惹かれ合い、そして別れ、25年後に劇的な再会をするストーリー。中山美穂と西島秀俊の主演で2008年に映画化され大ヒットし、劇中の二人の激しい逢瀬が話題を呼んだ。

バンコクでは、ワットプラケオやワットアルンといった寺院巡り、サイアムスクエアでのショピング、タイ料理やナイトライフを思いっきり楽しむといった色々な観光の楽しみ方があるが、是非、おすすめしたいのがチャオプラヤーエクスプレスボードでのクルーズ。無国籍な香りが漂うカオサン通りの屋台でパッタイを腹ごしらえし、近くのプラアティットからチャオプラヤーエクスプレスに乗ってオリエンテンで降りる。本作ヒロインの沓子が住まいとするアジアを代表する最高級ホテルの一つ、マンダリン・オリエンタル・バンコクはバンコク中心地を流れるチャオプラヤー川のほとりにある。バンコクには多くの日系企業が進出している。『サヨナライツカ』の主人公、東垣内豊も航空会社のエリートで若くしてバンコクに赴任した。

日本にはない独特の空気感が開放的な気分へと導いてくれるのだろうか。現地の女性と疑似恋愛に陥る日本人駐在員も多いと聞く。何故、男は女を求め、女は男を求めるのだろうか?恋愛は算数や国語のように誰に教わるのでもなく、勝手に覚え、経験していく。特効的な秘薬も存在しないので、この病気に発病して、もし相手だけが一方的に回復に向かった時、そこに破局という悲しい事実が待ち受けている。できることなら、一度、発病した思いは永久的に続いてほしいと誰もが願う。

“人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる。 私はきっと愛したことを思い出す” 『サヨナライツカ』より。

タイにはまる日本人は多いと聞く。微笑みの国と呼ばれる所以かもしれない。そして、一度、訪れた人はまたあの笑顔に会いたいとふとした時に思うのだ。

Text&Photo by Hidetaka.Kumazawa

TracksUltra_StellarBlue_Perspective_800x800
  • #405b6b

TRACKS ULTRA

ディープな低音からクリアな高域までワイドなレンジを再現

procable-jack-800x800
  • #000000
SoundTrackHeadbandsDubOrange
  • #f99c0a
  • #ffffff
  • #bc3c5e
  • #a9b2bc
  • #0000ff
  • #000000
  • #2b0988
  • #dc362d
mastertracks_headband_red_800x800_1
  • #ff1818
  • #00b13d
  • #2b0988
Amps_Red_Perspective_800x800
  • #dc362d

AMPS

パワフルな低音が魅力的なシリーズ

MasterTracks_Blue_Perspective_800x800
  • #000000
  • #2b2b2b
  • #196db6

MASTER TRACKS

まるでナイトクラブにいるような音楽体験

eyecatch
  • #191919
  • #c71a1a
  • #5011c4
  • #9b8375

TRACKS HD2

新たに生まれ変わったTRACKS HD2

800x800_PUNK_LemonLime_PackagingView
  • #eaf432
  • #1f254c
  • #6b634f
  • #20d368
  • #00b7dd
  • #ff0000
  • #000000

PUNK

手のひらサイズのワイヤレススピーカー

800x800_deckultra_product_images_horizonblue
  • #00c6ff
  • #101010

DECK ULTRA

ワイヤレス・ポータブルスピーカー

TracksAIR_IceWhitel_PerspectiveShot#2
  • #180aff
  • #d0001f
  • #ffffff
  • #2b2b2b

TRACKS AIR

SOL初となるワイヤレスヘッドホン